お酒に強くなった人がいきなりお酒が飲めるようになった方法!

あなたの周りにも、お酒があまり強くなかったのに、いつの間にかお酒に強くなったという人はいませんか?

お酒に強いかどうかは遺伝子によって決まっているから、いきなりお酒が飲めるようになることはないとも言われていますが、実際はどうなのでしょう?

 

大人になるとお酒の付き合いは増えてきて、お酒が飲めないよりお酒を飲めた方が親睦も深まるし、楽しい気分も味わえて良さそうな感じがするもの。

あなたも、もっとお酒に強くなれたらいいのにと思っていますか?

 

では、お酒に強くなった人がいきなりお酒が飲めるようになった方法について、一緒に見ていきましょう。

 

お酒に強くなった人は何が変わった?

アルコール分解の仕組み

アルコールが体内に入ると、胃と小腸から吸収されて、血液を通って門脈を通り、肝臓に運ばれます。

肝臓でアルコールは、アルコール脱水素酵素(ADH)によってアセトアルデヒドに分解。

 

続いて、アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)によってアセテート(酢酸)に分解。

さらに、水と二酸化炭素にまで分解されて、最終的には尿や汗や呼気となって体外に排出されます。

 

アセトアルデヒドが頭痛、吐き気、めまい、動悸、二日酔いなどを引き起こす原因となる物質であり、アセトアルデヒドを分解するALDH2の働きが強ければ、お酒を飲み続けることができて、お酒に強い体質だと言えます。

そして、ALDH2の働きの強さは、両親からそれぞれ、お酒に強い遺伝子とお酒に弱い遺伝子のどちらを受け継いだのかによって決まっているもの。

 

では、お酒に強くなった人は何が変わったのかというと、遺伝子によって左右されない第3の酵素であるミクロソームエタノール酸化系(MEOS)がアルコール分解に働いたということです。

 

いきなりお酒が飲めるようになった方法

お酒を毎日飲むなど常習的に飲んでいると、アルコールの分解に、第3の酵素であるMEOSが働きます。

いきなりお酒が飲めるようになった人は、MEOSがアルコールの分解に作用するようになったのでしょう。

 

では、毎日お酒を飲んだ方が良いのかと言うと、常識的に考えてそうではないですよね。

お酒に弱い体質の人が毎日お酒を飲み続けていたら、確かにMEOSは働くようになってお酒に強くなるかもしれませんが、アルコール依存症になるのは目に見えていること。

 

また、MEOSは元々薬の代謝に作用する酵素なので、お酒を飲みすぎてアルコールの分解に作用するようになると、薬が効かなくなってしまうことにもなるし、活性酸素を発生させてしまうことにも。

活性酸素は体のサビとも言われ、細胞を傷つけて老化を進めたり、体を疲れやすくする物質です。

 

お酒に強くなるけどアルコール依存症になったり、活性酸素を増やしてしまう方法を、あなたは選びますか?

いいえ、判断を間違えないでください。

 

毎日お酒を飲むのではなく、もっと健康的にお酒に強くなる方法がありますので、ご紹介しましょう。

 

体をいたわる健康的な飲み方でお酒に強くなる方法

事前に何か食べておく

空きっ腹の状態でお酒を飲むと、急激にアルコールが体内に吸収されるので、すぐに酔いが回ってしまいます。

さらに、アセトアルデヒドの分解が追いつかなくなり、悪酔いの原因にも。

 

アルコールの吸収を穏やかにするために有効なことは、お酒を飲む前に脂肪分のある食べ物を食べて、胃壁に膜を張っておくことです。

お酒を飲んでいるときにもおつまみを上手に選んで食べることが重要で、アルコールの分解に必要なアミノ酸を含むタンパク質が豊富なおつまみを選ぶこと。

 

水分補給はお水でしっかりと

アルコールには利尿作用があり、さらにアルコールの分解にも大量の水が必要となるため、お酒を飲むと体は脱水状態になります。

脱水症状は命の危険性もありますし、アルコールの分解がスムーズにされなければ、頭痛などの症状も現れやすい。

 

アルコールは液体ですが、水分補給にはならないので、お酒を飲むときには、必ずお水を意識して摂取するようにしましょう。

理想はお酒とお水を同量飲み、酔いが回ってきたらお水を多く取るくらいの意識で、しっかりと水分補給をすることが大切。

 

お酒を飲んだ後にも二日酔い対策として、お水やスポーツ飲料を飲んでくださいね。

 

ゆっくりとしたペースで飲む

アルコールが一気に体内に吸収されると、当然、肝臓でのアルコール分解は追いつかなくなります。

これを避けるためにも、お酒は一気に飲まずにゆっくりと味わって飲みましょう。

 

見た目もスマートで素敵ですし、お酒を嗜んでいるという感じも出て、肝臓にも負担をかけず良いことずくめ。

気持ちもゆったりしますし、ゆっくりと飲むことで飲み過ぎも防げます。

 

体調に異変を感じたら一旦休憩

お酒を飲んでいると酔っ払ってきて、気分が悪くなってきたり頭がズキズキしてきたり、体調に異変が出てくることがあります。

睡眠不足だったり、疲れやストレスが溜まっていたり、風邪気味なところにお酒を飲むと、なおさら酔いが回るのが早く感じられますね。

 

なんだかいつもより酔いの回りが早いとか体調の異変を感じたら、お酒はストップして一旦休憩しましょう。

飲み会だったら、お酒は休憩してお水を飲んだり料理を楽しんだりして過ごすことをおすすめ。

 

酒を飲んでも酒に飲まれることがないように、しっかりと対策をしましょう。

参考:お酒に酔わない方法がある?飲んでも酔わない方法は飲む前にコレを!

 

まとめ

お酒が強くなった人がいきなりお酒が飲めるようになった方法は、毎日常習的にアルコールを飲み続けたこと。

体質にもよりますが、確かに毎日飲むとアルコール耐性ができてお酒が飲めるようになるかもしれません。

 

でも、常習的に飲むということは、アルコール依存症になったり活性酸素が増えたりして、健康を害する危険があるもの。

健康的にお酒に強くなりたければ、体をいたわる健康的な飲み方で飲むこと。

 

特に水分補給を意識的に行うことは、アルコールの分解で肝臓を助けることにも、悪酔いを防ぐことにも、二日酔いを防ぐことにもなるので、必ずするべきこと。

お酒の飲み方を知って、お酒と上手に付き合い、楽しい飲み会ライフを送りましょう。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください