お酒が飲めない人ってつまらないの?出世できないってホント?

お酒が飲めない人ってつまらないのでしょうか?お酒が飲めない人はつまらない人で出世もできないのでしょうか?

飲み会に行ってもお酒を飲まないでいると、「この人はつまらない人」と思われて出世の道も断たれるかも?

 

お酒が全く飲めない人って確かにいます。

日本人を含むアジア人(モンゴロイド)は遺伝子的に見てもお酒が弱いと言われています。

日本人でアルコール分解酵素が働かずに全くお酒が飲めない人の割合は約6%、アルコール分解酵素の働きが弱くて、少し飲むとすぐに酔っ払ってしまう人の割合は約40%。

このような方は、飲み会などお酒を飲む場所では辛いことがあるかもしれません。

 

しかし、お酒が飲める年齢になると、職場の飲み会・接待、サークル、友人同士での飲み会に誘われることも多くなりますよね。

では、お酒が飲めなくてもまわりからつまらないと思われることなく、お酒の席を乗り切るコツを見ていきましょう。

 

飲めない人はつまらないと言われる理由

直接言われたことはないとしても、酒も飲めない奴はつまらないという話を聞いたことはありますよね?

もちろん、酒飲みの勝手ないい草なのですが、なぜつまらないと思われるのか、理由を見ていきます。

 

ノリが悪い

1番の理由はこれでしょう。

飲み会の席ってみんなお酒を飲んでるので、いつもよりはしゃいでいますよね。

お酒に酔うことで気も大きくなって、声も仕草も大きくなって、みんなノリノリ、テンションMAX!

 

そんな時にお酒が飲めない人が、酔っていないからといって一緒に楽しんでいなかったら、、、

 

ノリが悪い奴だと思われて嫌がられます。

 

みんなで楽しんで盛り上がりたいのに、お酒を飲んでいない人がひとりノリが悪いと、「お酒が飲めない奴はつまらない」と言われてしまうわけです。

 

冷たい視線

酔っ払ってくると、普段しないようなバカなノリが出てしまいます。

大したことでもないのに「ウエ〜〜〜〜〜〜イ!!!」と叫んだり。

 

そんな時に酒飲みは、たとえ酔っ払っていたとしても、お酒を飲んでいない人からの冷たい視線を感じるんですよね。

何か、センサーがあるんでしょうか?

 

一緒に楽しく盛り上がりたいと思っている時に冷たい視線を浴びせられる。

だから、「お酒が飲めない奴はつまらない」と言われてしまうわけです。

 

テンションが低い

テンションが低くても、「お酒が飲めない奴はつまらない」と言われてしまいます。

酒飲みだって、酔っ払ってテンションが上がってバカなことしてるっていう自覚はあるわけですから、その時にテンションが低い人がいるとつまらないんです。

 

あなたから見ると、ホントに「バカだな」と思うことでしょうが、みんなで楽しく盛り上がる飲み会の場ですから、テンションを上げてみんなで楽しみましょう!

 

おとなしい

飲み会に限らず、おとなしい人ってつまらないと思われがちですよね。

何か話題を振っても反応が無い、もしくは薄い。

 

なかなか周りのテンションについていけないとおとなしくなりがちですが、おとなしいことも「お酒が飲めない奴はつまらない」と言われてしまう原因です。

 

飲めない人は出世できない?

仕事上での飲み会は、今後、出世できるかどうかの分かれ道の場合もありますね。

では、お酒を飲めない人は、出世できないのでしょうか?

 

出世するのは仕事ができる人

出世するのは、当然仕事ができる人です。

仕事ができない人は、お酒が飲めようが飲めなかろうが出世はできません。

 

そして、出世するために、仕事ができること以上に大切なことは、人間関係、取引先と信頼関係を築けること、相手の期待以上の成果を出すこと。

 

お酒が飲めないから出世できないなんて嘆く前に、これらのことを意識して取り組みましょうね。

 

リーダーになれば良い

理想の上司といえばどのような人でしょうか?

 

私の理想の上司は、もちろん仕事ができて、部下や取引先にも気を配れてオーラがある人。

そして、リーダーとしてみんなを引っ張っていってくれる人です。

お酒が飲める飲めないではなく、リーダーになれる人を尊敬します。

 

でも、お酒の席に誘ってくれて悩みを真剣に聞いてくれる上司は、たとえお酒が飲めない人だとしても、とてもいいですね。

 

お酒より大切なこと

お酒を飲んで腹を割って話すことでコミュニケーションが密に取れて出世につながる、ということは確かにあります。

なので、お酒が飲める人の方が出世しやすいと思われているわけですが、もちろんそれだけが要因ではありません。

 

出世をしたければ仕事で成果を上げ、周りの人とコミュニケーションをしっかりと取りましょう。

結局は、人間関係です。

 

「お酒が飲めない人はつまらない」と思われないコツ

飲めない人はつまらないと思われないためには、何を意識すればいいのでしょうか?

 

とにかく楽しむ

飲み会はみんなで楽しむ会ですから、お酒が飲めないとしても、料理を楽しむとか、会話を楽しむなどしてあなたも飲み会を思い切り楽しみましょう。

「とにかく楽しもう!」という意識があるだけで、本当に楽しくなりますよ!

だまされたと思って試してみてください。

 

テンションを合わせる

テンションが低いと「つまらない」と思われがち。

なんか周りとノリが違うと思ったら、周りを見回してテンションを合わせてみましょう。

すると、気分が上がり、自然と楽しくなってきます。

 

余計なことは考えずに、まず周りとテンションを合わせるといいですよ。

 

つまらなければ帰る

どうしても周りのノリについていけなくてあなたがつまらないと感じるならば、もうその飲み会は帰っちゃいましょう。

そういう選択肢もありです。

 

まとめ

いかがでしたか?

「お酒が飲めない人はつまらない」と言われている理由が分かりましたか?

そして、お酒が飲めないと出世ができないのかどうかも。

 

全てにおいて、お酒が飲めるからこうとか、お酒が飲めないからこうということはありません。

しかし、お酒が飲めないことでコミュニケーションが取れないとしたら、周りとの人間関係にも出世にも影響します。

 

お酒が飲めるようになりたいのであれば、そのように努力することも必要かもしれません。

ですが、くれぐれも無理は禁物ですよ!

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください