お酒に強いか確かめる3つの方法!お酒の強さ判定をして体質チェック!

あなたがお酒に強いか弱いかを確かめることによって、お酒の席での失敗を防ぐことができます。

お酒に強いか弱いかを決めているのは、あなたがご両親から受け継いだ遺伝子。

 

遺伝子なので変えることはできませんが、お酒の強さ判定をして体質をチェックすることで、お酒の許容量やお酒による病気のなりやすさが分かります。

今回は、お酒に強いか確かめる方法を3つご紹介しますので、それぞれ実際にやってみて、あなたの体質をチェックしてみましょう。

 

お酒に強いかどうか確かめる前に

お酒に強いか弱いかの体質とは、どのように決まっているのでしょうか?

先ほど遺伝子によるものとお話しましたが、その遺伝子というのは、アルコール分解酵素のADH1BALDH2の型。

 

ここで、まず、この2つのアルコール分解酵素が働くアルコール分解の仕組みについて、ご説明しましょう。

 

お酒を飲んだときアルコールは、胃から20%、小腸から80%の割合で吸収されて血液に溶け込み、全身を巡ります。

アルコールの分解は肝臓で行われるので、アルコールは、門脈を通って肝臓へ。

肝臓ではアルコール脱水素酵素(ADH1B)の働きによって、アルコールからアセトアルデヒドに分解。

続いて、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きによって、アセトアルデヒドからアセテート(酢酸)に分解。

さらに、水と二酸化炭素にまで分解されて、最終的には尿や汗や呼気となって体外へ。

 

肝臓で働くADH1BとALDH2の型が遺伝子で決まっていて、その型によってお酒に強いかどうかが決まるということ。

特に、アセトアルデヒドは人体にとって有害なので、ALDH2の働きが弱いと酔っ払って様々な悪酔いの症状が出てしまうため、お酒をたくさん飲むことができないということです。

 

ADH1Bの働きが強いと、アルコールからアセトアルデヒドへの分解速度が速くなり、ALDH2の働きが強いと、アセトアルデヒドから酢酸への分解速度が速くなる。

なので、ADH1Bの働きが弱くてALDH2の働きが強い人が、遺伝子的には、一番お酒を飲み続けられる人ということになります。

 

ただし、無謀な飲み方をして体を壊すこともあるので、「酒は飲んでも飲まれるな」という教訓もあるように、お酒の飲み方を知って自分の体質のことも考えながら、お酒と上手に付き合うことが重要。

お酒が弱い人は特に、自分の体のことを考えて飲み方を工夫することが必要です。

 

参考:お酒が弱い人に現れる主な症状!酒が飲めない人に出やすい症状と対策とは!

 

体質チェックしてお酒の強さ判定をする方法

体質チェックその1:アルコールパッチテスト 

体質チェックの方法として、自宅で簡単にできるのがアルコールパッチテスト。

用意するものは、ガーゼ(薬剤のついていない絆創膏でも良い)と消毒用のアルコールです。

 

  1. ガーゼまたは薬剤のついていない絆創膏に消毒用のアルコールを染み込ませて、上腕の皮膚の柔らかい部分に貼ります。
  2. 7分後、ガーゼまたは絆創膏を剥がしてみて皮膚が赤くなっていたら、アルコールを全く受け付けない体質です。
  3. ガーゼまたは絆創膏を剥がした時は赤くなっていなかったが、剥がしてから10分後に赤くなっていたら、アルコールに弱い体質です。10分経っても赤くなっていなければアルコールに強い体質です。

 

参考:アルコールパッチテストで赤くなると下戸?やり方と信頼性を徹底解明!

 

体質チェックその2:TAST

もっと簡単にお酒に強いか弱いかを調べる方法が、こちらの東大式ALDH2表現型スクリーニングテスト。

TASTと呼ばれるもので、次の13個の質問に答えていき、当てはまる項目の点数を足して合計がプラスであればお酒に強い体質、マイナスであればお酒に弱い体質だということ。

 

お酒を飲んだ時に、あなたはどのような症状が出るのか出ないのか思い出して、電卓片手にチェックしてみましょう。

*TASTを紹介しているサイトで、プラスならお酒に強い体質、マイナスならお酒に弱い体質となっていましたが、プラスであれば多少は飲める、マイナスだとお酒を受け付けない体質だと私は考えます。

 

体質チェックその3:アルコール感受性遺伝子検査

アルコールパッチテストは簡易的なため、稀にお酒に弱くても皮膚が赤くならない場合があります。

TASTも簡易的な方法ですね。

 

遺伝子レベルでしっかりと体質チェックをする方法なのは、アルコール感受性遺伝子検査。

こちらは、送られてくるキットに入っている綿棒に口腔粘膜を採取し、申込書と一緒に送り返すだけというものになります⬇︎⬇︎⬇︎

 

楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

9つのタイプからADH1BとALDH2の遺伝子両方の型が分かり、自分がどのくらいアルコールに耐性があるのか、つまり、どのくらいお酒に強いのかを知ることができます。

アセトアルデヒドが体内に留まりやすい体質かどうかも知ることが可能。

 

また、この検査で、アルコールによる健康被害のリスクも調べられるので、アルコール依存症やガンになりやすい体質かどうかも調べられます。

お酒によって健康を害することは避けたいので、遺伝子レベルで自分の体質を知っておくということは、とても大切なこと。

 

お酒とうまく付き合っていくためにもこの検査をして、自分の体質を把握しておくことをおすすめします。

楽しく長くお酒を楽しむための『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

まとめ

あなたがこれから、お酒と楽しく長く付き合っていくためには、自分のお酒に対する体質を知ることが重要。

アルコールパッチテストとTASTは、自宅で簡単にできる体質チェックの方法。

 

遺伝子レベルで体質を調べておくと、安心してお酒を飲むことができるので、アルコール感受性遺伝子検査がおすすめ。

お酒を飲んでもお酒に飲まれることがないように、お酒を飲む量とお酒の飲み方が大切であることをお忘れなく。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください