お酒が飲めないあなたが割り勘でもいいと思える考え方!

飲み会のお会計の時、自分は飲んでないのに割り勘なんて割りに合わない!!絶対に割り勘負けしている!!と思った経験はありませんか?

飲み会では、お酒をたくさん飲んだ人の方が総じて得をしている感じがありますよね。

 

「お酒って一杯700円はするし、高いものをガブガブ飲む人に至っては、飲み物代だけで4,000円はいってるんじゃないかって思うけど、ソフトドリンクだと一杯400円くらいだし、量だってそんなに飲めない。」

「せいぜい二杯くらい。」

「1,000円もいかないじゃん。」

「あー、絶対損してる。」

 

と思っているあなた。

お酒が飲めなくても割り勘が気にならない方法をまとめましたので、この記事をご覧になり、対策を練ってみてください。

 

「お酒を飲まないのに割り勘」が許せないあなたにできること

とにかく高い料理を頼む

飲み代で元が取れないのであれば、高い料理をたくさん食べてしまいましょう。

普段頼まないような、高級肉とか、アワビとか、高いお刺身とか、珍味とか。

 

これなら、お腹も満足するし、飲み会代の元も取れそうです。

食べたことがないような、キャビアとかからすみとか?熟成肉の盛り合わせなんかも高くて美味しそう!!!

 

とにかく高い料理を頼んで、たくさん食べることをおすすめ。

だってわりかんなのですから。

 

参考:飲み会でお酒が飲めない人必見!飲み会で飲まない方法と飲まなくても楽しむ方法!

 

ノンアルコールカクテルを頼む

お酒が飲めないならば、ノンアルコール飲料がおすすめ。

昔のノンアルコール飲料は美味しくなくて敬遠しがちだったけれど、最近のノンアルコール飲料は随分美味しくなっています。

 

ノンアルコールビールはもちろん、ノンアルコールワインだってありますし、ノンアルコール日本酒、ノンアルコールカクテルもあります。

特に私のオススメは、SNS映えしそうなカラフルな見た目のノンアルコールカクテル。

 

これなら、目でも楽しめて、味も楽しめて、何杯でも飲めちゃいますし、飲み代の元も取れるでしょう。

ノンアルコールとはいえ、しっかりとしたレシピに基づいて作られるカクテルなのですよね。

 

種類もたくさんありますので、お酒が飲めないならばノンアルコール飲料を試してみるべき。

参考:下戸の酒好きにオススメ!下戸でもバーで楽しめるカクテル15選!

 

飲み会の雰囲気を楽しむ代金と割り切る

飲み代は、飲食代ではなく、その飲み会の雰囲気を楽しむ代金と割り切る方法。

飲み会では、みんなテンションが上がってきて、普段話せないことも話せたり、ちょっと羽目を外す人が現れたりして、面白いですよね。

 

そういう雰囲気を楽しむために払うお金だと割り切るのです。

考え方ってすごく大事なんですよ!!!

 

それ以外にも、思わぬ産物がある可能性が。

例えば会社の飲み会では、普段あまり話をしたことがない人と話して、あなたに有益な情報が入ってくるかもしれません。

 

悩みごとを相談して、心が軽くなったら、カウンセリングに行ってお金を払ったのと同じこと。

カウンセリングに行ったら、普通に5,000円は取られます。

 

しかも、意外なところにスペシャルカウンセラーがいるかもしれませんよ!

飲み会に参加したことで、あなたにとって良いことがあるかも?

 

参考:お酒に強くなる方法!お酒に強くなった人が実践した8つのこと!

 

飲み代を交渉する

どうしても割り勘が納得いかない時、交渉ができるならば、お酒を飲まない人は飲み代を安くするように幹事に交渉してみましょう。

お酒は一杯700円、ソフトドリンクだと一杯400円だとすると、それぞれが三杯飲むと900円の差が出ます。

 

だから、お酒を飲まない人は割り勘の代金よりも500円安く、お酒を飲む人は500円高く。

お酒を飲まない人が複数いたならば、その人たちと一緒に交渉してみると良いかもしれません。

 

交渉成立、できそうですか?

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

お酒を飲む人にも飲まない人にも公平な会計とは

飲み放題ではなくて、普通にオーダーした分を支払う場合、飲み代ボックスを用意して、それぞれ自分が飲んだお酒の代金をそのボックスに入れます。

会計の時、合計金額からそのボックスのお金を引いて、残額を割り勘にすれば、飲み物代は個人持ち、食べ物代は割り勘となります。

 

これは、公平ですよね。

注意すべきは、酒飲みが酔っ払ってきたときに、飲み代ボックスにお金を入れずに飲んでしまうこと。

 

飲まないあなたからしたら、これは許せませんよね!

これは、誰が何を頼んだのか、チェックする必要があります。

 

ここはそれぞれルール化する必要があると思いますが、例えば、注文した飲み物と注文した人の名前を紙に書いておくとか、誰か注文係を決めて注文は必ずその人を通すとかしてしまうのが良いでしょう。

参考:お酒が弱い人に現れる主な症状!酒が飲めない人に出やすい症状と対策とは!

 

まとめ

飲み会といっても友達との飲み会、合コン、会社の飲み会、サークルの飲み会など様々ありますが、代金が割り勘だと、いずれもお酒を飲む人たちの方が得をする印象なのは否めません。

お酒を飲めないあなたが飲み会で損をしないためには、まず高い料理を食べること、代金を安くするように交渉してみること、そして、飲み会の雰囲気を楽しむ代金だと割り切ること。

 

一番良いのは、飲み会の雰囲気を楽しむ代金だと捉えて、飲み会を楽しむこと。

交渉するのもいいですが、吉と出るか凶と出るか、相手次第という感じです。

 

もちろん、酒飲みの方も、いつも飲みすぎちゃってるのに割り勘で悪いなと思っている人がいることも事実。

お酒を飲めない人も、大酒飲みの人も、お互いが気持ち良くお会計ができるようにしたいものですね。

 

最後にご紹介した飲み代ボックスにお金を入れる方法もおすすめですので、ぜひ、取り入れてみてください。

今回は、お酒が飲めないあなたが飲み会で割り勘でも、割りに合わないと感じない方法についてご紹介しました。

 

ぜひ、次の飲み会で試してみてください。

それでは、次回もお楽しみに!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください