お酒に強い人弱い人の特徴とは?強いか弱いか診断もできる!

飲み会に参加すると分かりやすいものですが、人には、お酒に強い人と弱い人がいます。

お酒に強い人と弱い人には、どのような特徴があるでしょうか?

 

お酒に弱い人は強い人に比べて、少しお酒を飲んだだけでも酔っ払ってしまいますが、この記事では、お酒に弱い人に出やすい症状とその対策についてお話していきます。

そして、あなたがお酒に強いか弱いかが分かる診断方法もお伝えしますので、じっくりと読んでみてください。

 

お酒に強い人弱い人の特徴

両親がお酒に強いまたは弱い

お酒に強いか弱いかというのは、多くの部分で両親から受け継いだ遺伝子によって決まっているもの。

両親がお酒に強ければ、その子供はお酒に強くなる確率が高く、反対に両親がお酒に弱ければ、その子供はお酒に弱い確率が高くなります。

 

遺伝子検査については、後ほどご説明しますね。

 

日常的に飲む習慣があるまたはない

お酒に強い人は、毎日晩酌をする人が多いですが、お酒に弱い人はあまり晩酌はしないでしょう。

でも毎日晩酌をして、日常的にお酒を飲んでいたらお酒に強くなったという人がいることも事実。

 

無理やりお酒を飲んで鍛える必要はないですが、お酒に強くなりたい人は、お酒に慣れると良いかもしれません。

 

飲み会の参加率

お酒に強い人は弱い人に比べて、飲み会の参加率が高いものです。

というのも、お酒に強い人は、自ら周りを誘って飲みに行く機会を増やしていることがあるから。

 

お酒に弱い人は、ご飯に誘うことはあっても、あまり自ら飲み会を開催しようとは思わないのです。

参考:お酒は鍛えると強くなる?練習してでも飲めるようになりたいあなたへ

 

お酒に弱い人に出やすい症状

お酒を飲むと顔が赤くなりやすい

お酒を飲むと顔や体が赤くなる人は多いものですが、お酒に弱い人はその症状が出やすいです。

少ししか飲んでいないのに、顔が赤いとかなり酔っ払っているように見られて恥ずかしいと思うことも。

 

お酒を飲むと頭が痛くなる

お酒を飲んで頭が痛くなるというのも、お酒が弱い人にとって悩ましいもの。

お酒を飲んでいる席で頭が痛くなることもありますが、お酒を飲んだ後や翌日になってから、頭痛がひどくなることもあります。

 

お酒を飲むとすぐ吐く

お酒が弱い人は、お酒を飲んで許容量を超えると気分が悪くなり、お酒を吐いてしまうことも多いです。

お酒の飲み方を工夫しないと、飲み会に参加してもずっとトイレに閉じこもってしまうなんてことにも。

 

こうなると、飲み会も楽しめませんし、周りに迷惑をかけてしまい、飲み会で親睦を深めるどころではなくなってしまいます。

参考:お酒が弱いとすぐ吐くのは何故?吐く方が楽になる?その後の対処法は?

 

お酒を飲むと眠くなる

お酒に弱い人は、お酒を飲んでしばらくすると眠気が襲ってくることも多いです。

睡眠不足だったり体調が万全ではない状態だとなおさら、飲み会の席でいつの間にか寝てしまっているなんてことも。

 

飲み会に参加するときには、体調を万全に整えて参加する方が良いでしょう。

参考:お酒に酔うと眠くなるタイプの人の対策!お酒で眠くなるのは肝臓のせい?

 

お酒に弱い人がお酒を飲むときの対策

お酒を飲む前に食べ物を胃に入れる

アルコールは胃と小腸から吸収されるので、お酒を飲む前に何か食べておくと胃壁に膜を張ることができるので、アルコールの吸収が穏やかになります。

胃壁に膜を張るためには、脂肪分の多い食べ物を食べておくこと。

 

具体的には、チーズ、ヨーグルト、アボカド、オリーブオイルやバターを使ったものがおすすめ。

 

お酒を飲みながら水を飲む

お酒を飲みながらお水を交互に飲むことで、アルコールの分解を助けることになり、悪酔いを防ぐことに繋がります。

お酒には利尿作用がある上に、アルコールの分解にも水分が必要とされるため、お酒を飲むと体は脱水状態に。

 

脱水症状を防ぐために、お酒を飲むときには一緒にお水も頼んでおき、意識的に水分補給をするようにしましょう。

 

おつまみを食べながらお酒を飲む

お酒だけを飲んでいると、胃や小腸が空っぽになり、アルコールの吸収が急速になるので危険です。

アルコールの吸収が急速になるということは、肝臓に負担がかかり、アルコールの分解にも支障をきたすことに。

 

また、アルコールの分解には、水と同様にアミノ酸も必要とされるので、おつまみには良質なタンパク質を豊富に含むものを選ぶと効果的です。

具体的には、枝豆、焼き鳥、豆腐料理、卵料理、チーズ、お刺身、ステーキ、イカ、タコがおすすめ。

 

美味しく食べて美味しく飲むと、アルコールの吸収が穏やかになり、アルコールの分解も促されて一石二鳥です。

 

お酒をゆっくりと飲む

一気飲みなどもってのほかですが、お酒を飲むペースが速いとアルコールの吸収が急激になります。

つまり、肝臓に負担がかかり、アルコールの分解が追いつかなくなるということ。

 

急性アルコール中毒の危険もありますので、お酒をハイペースで飲むことは避けて、会話を楽しみながら、料理との相性を楽しみながら、ゆっくりとしたペースを保って飲むようにしましょう。

 

お酒を飲み終わってから水分と糖分を補給する

お酒に弱い人は、アルコールの分解処理能力が低いので、お酒を飲み終わってからの対策も重要です。

アルコールの分解を促して二日酔いを防ぐためには、お酒を飲んだ後にも水分補給をすること。

 

そして、お酒を飲むと体は低血糖になりやすいので、水分と一緒に糖分も補給することが必要になります。

両方が一気に補給できるのは、経口補水液。

 

そのほか、スポーツドリンク、グレープフルーツジュース、オレンジジュースなども有効ですが、糖分が多いので飲み過ぎには注意しましょう。

寝る前にもコップ1〜2杯のお水を飲むことで、寝ている間のアルコールの分解を助けることになります。

 

お酒に強いか弱いかの診断

お酒に強いか弱いかというのは、遺伝子によるところが大きいもの。

もちろん、飲み方を工夫することで悪酔いを防ぐことはできますが、元々のお酒の許容量は遺伝子によります。

 

お酒と上手に付き合うためには、自分の体質をチェックしてきちんと知っておくことが重要なこと。

体質チェックは、口腔粘膜を採取することで簡単に調べることができます。

 

病院で調べることもできますが、ネットで取り寄せて検査機関に郵送で送り返して調べることもできるのでご紹介しましょう。

この検査では、口腔粘膜を採取して郵送するだけで、お酒に対する体質のほか、ガンなどの病気リスクを遺伝子レベルで知ることができます。

 

私もこの検査で、自分の体質を遺伝子レベルで知ることができたので、お酒を飲むときに意識するようになりました。

検査結果がR1型で飲酒による健康リスクがもっとも高いタイプと出てしまったため、以前よりもお酒の飲み方に気をつけているので、悪酔いはしません。

 

自分の体質を知らなければ、意識することなく今までどおりの飲み方をして、病気になっていたかもしれないのです。

詳しくはこちらから→楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

まとめ

お酒に強い人と弱い人というのは、遺伝子によって決まるところが大きい。

遺伝子レベルで検査をして自分の体質を知っておくと、お酒の飲み方を意識するので、お酒と上手に付き合っていくためには必要なこと。

 

病院で検査をすることもできるが、検査機関に直接郵送をして検査をすることもできる。

楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

自分の体質を知った上で、次のような対策をして飲むと悪酔いを防ぐと良い。

  • お酒を飲む前に何か食べておく
  • お酒を飲みながらお水を飲む
  • おつまみをしっかりと食べる
  • お酒はゆっくりと飲む
  • お酒を飲んだ後は水分と糖分を補給

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください