お酒弱いと顔が赤くなるのがイヤ!急に赤くなるのはなぜ?対策はあるの?

お酒が弱い人は、お酒を飲むと顔が赤くなることがよくありますが、顔が赤くなるのが恥ずかしくて、お酒を楽しめないと言います。

顔が赤くなっていると、なんだかすごく酔っ払っているように見えて恥ずかしい。

 

飲み会の席でも、お酒を少し飲んだだけで急に顔が赤くなって、からかわれたりすると辛いですよね。

お酒を飲んで顔が赤くなるのは何故なのか?赤くならないようにするための対策はあるのでしょうか?

 

お酒弱い人がお酒を飲むと顔が急に赤くなる

お酒が弱い体質の人がお酒を飲むと、早い段階で顔が急に赤くなることが多いです。

お酒が強い人でも、酔っ払って顔が赤くなることはあるのですが、顔が赤いとかなりの量のお酒を飲んでいるように見えて、恥ずかしいと思ってしまうのでは?

 

同じ量のお酒を同じペースで飲んでいたとしても、顔が赤くなる人とならない人がいます。

また、お酒を飲むと一旦顔が赤くなって、少し休憩すると元に戻って、飲み始めるとまた赤くなるという人も。

 

自分の意思とは関係なく、お酒を飲んだことによって顔が赤くなってしまう。

お酒を飲んで顔が赤くなってしまう原因とは、一体どのようなものなのでしょう?

 

お酒を飲むと顔が赤くなる原因

顔が赤くなるのはアセトアルデヒドの仕業

結論から言いますと、お酒を飲んで顔が急に赤くなってしまう原因は、アセトアルデヒド。

アセトアルデヒドとは、人間の体の中でアルコール分解が行われる過程で生成されるもので、私たちの体にとっては有害なもの。

 

このアセトアルデヒドが分解されずに、血液を通って全身を巡ると、酔っ払い特有の様々な症状が現れるわけなのですが、アセトアルデヒドの影響で顔の毛細血管が拡張されるため、顔が赤くなってしまうのです。

アセトアルデヒドが分解されないことで起こる症状としては、ほかにも、頭痛や吐き気、めまい、眠気、二日酔いなどたくさんあり、アセトアルデヒドの分解能力が弱いと、悪酔いをしてしまいます。

 

参考:お酒が飲めない人の体質の特徴。アルコール受けつけないのは分解酵素が働かないから?

 

お酒を飲むと顔が赤くなることの対策

空腹の状態ではお酒を飲まないこと

空きっ腹の状態でお酒を飲むと、アルコールが急激に体内に吸収されて一気に酔いがまわるため、顔が赤くなりやすいです。

なので、お酒を飲む前の段階で、何か脂肪分の多い食べ物を胃に入れて胃に膜を張り、お酒を飲んだときのアルコールの吸収を穏やかにすることが大切。

 

お酒を飲んでいるときにも、アセトアルデヒドの分解を助けるために、良質なタンパク質を含むおつまみを食べましょう。

なぜなら、アセトアルデヒドを分解するためには、アミノ酸と水が必要だから。

 

お酒のおつまみとして定番の枝豆や焼き鳥、冷奴、卵焼きなどはタンパク質が豊富なので、上手に選んでアセトアルデヒドの分解を助けましょう。

 

お酒を飲むときは水分補給すること

アセトアルデヒドを分解するためには、アミノ酸と水が必要でしたね。

というわけで、お酒を飲みながら水を飲み、水分補給をすることも、顔が赤くなることを防ぐための対策となります。

 

お酒を飲むと、お酒の利尿作用によりトイレに行く回数も増えていきますが、尿で水分が体外に排出されることも考えると、意識して水分を摂らないと、脱水症状になりかねません。

実際に、お酒を大量に飲んで水分を摂った気になりお水を飲まないと、脱水症状になりかなり危険。

 

お酒を飲んだ後にも、お水を飲んで水分補給をしてあげると、二日酔い対策にもなりますので、水は意識的に飲むようにしましょう。

 

お酒を飲むと低血糖にもなりやすいので、お酒を飲んだ後はお水のほかにもスポーツドリンクや経口補水液、グレープフルーツジュース、オレンジジュースもおすすめです。

参考:アルコールの分解は水を飲むことが最重要!アルコールは体の水分と糖分を奪う。

 

サプリメントで肝臓の働きを助けること

アセトアルデヒドの分解は、肝臓で行われるので、サプリメントで肝臓の働きを助けることも有効。

具体的には、オルニチンやLーシステインやセサミンを含むサプリメントがおすすめです。

 

肝臓でのアセトアルデヒドの分解を助けることで、有害なアセトアルデヒドが無害な酢酸に分解されていくので、あなたに合ったサプリメントをぜひ常備してください。

個装タイプですと、持ち運びにも便利ですし、急な飲み会でもさっと飲むことができますよ。

 

体質によって合うサプリメントがありますので、いろいろと試して、あなたに効果的なサプリメントを常備するようにしましょう。

参考:お酒に強くなるサプリメント4選!お酒飲めない人にはこのサプリ!

 

ハイペースで飲まないこと

お酒を飲むペースが早いと体内のアルコールが増えますね。

アルコールの分解も追いつかなくなり、アセトアルデヒドが体に残ってしまい、顔が赤くなりやすいです。

 

お酒を飲むときには、ゆっくりとしたペースで飲むことをおすすめ。

会話を楽しみながら、料理とお酒の相性を楽しみながら、お酒の味を味わいながら、ゆっくりとしたペースを保って飲みましょう。

 

参考:お酒をゆっくり飲む方法!綺麗な飲み方でお酒に酔わないコツ!

 

まとめ

お酒を飲んで顔が赤くなるのは、アセトアルデヒドの仕業。

アセトアルデヒドは、アルコールの分解の過程で生成される、人体にとって有害な物質で、頭痛や二日酔いなど、様々な症状の原因となるもの。

 

アセトアルデヒドの分解を助けるためには、アルコールの吸収を和らげるために空きっ腹では飲まないこと、水分を補給すること。

また、体質に合ったサプリメントを取り入れることも有効。

 

お酒を飲んでも顔が赤くならないよう、しっかりと対策をとって、楽しい飲み会ライフを送りましょう。

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください