お酒に強くなった人の酒に酔わなくなった原因とは?

お酒に弱いと、お酒を飲んだときにすぐに酔っ払ってしまうから、飲み会でお酒を飲むのを遠慮したり、周りに合わせて飲んだら酔いつぶれてしまったりして、困ることも。

お酒に弱いのは体質だとされていますが、あなたの周りで途中からお酒に強くなったと言っている人はいませんか?

 

大人になるとお酒の付き合いも増えてきて、もっとお酒が強かったらいいのになんて思ったりすることもありますね。

「お酒を飲めない人は人生半分損している」なんて言われると、なおさらお酒に強くなりたいと思うでしょう。

 

お酒に強くなるとはどういうことなのか、お酒に強くなった人がお酒に酔わなくなった原因は何だったのか、見ていきましょう。

 

お酒に強くなった人ってどういう人?

お酒に強くなった人って結局どういう人のこと?

ここでは、お酒に弱い体質でビール1杯で酔いつぶれていた人が、ビール3杯飲めるようになった人としましょう。

 

ビール3杯飲めれば、飲み会でお酒が弱い人だとは言われなくなるはず。

今、ビール1杯で酔いつぶれているとしても、実はもっと飲める人もいるものです。

 

ちなみにお酒に強いか弱いかは、体質によるもので、遺伝子レベルで決まっているため、生涯変わることはないとされています。

あなたは今、お酒をたくさん飲んでも平気になって、もっとお酒を楽しみたいと思っているかもしれませんが、遺伝子的に全くお酒を受け付けない人が、日本人の約6%いることも事実。

 

まずは、あなたのお酒体質をしっかりと把握しておくことが先決です⬇️⬇️⬇️

楽しく長くお酒と付き合うための 『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

こちらは、口腔粘膜を採取して郵送で送り返すだけで、約10日間で、あなたがお酒に強い体質か弱い体質かが分かるという検査。

病院で検査するよりも簡単で安いので、こちらをおすすめします。 

 

参考:酒が飲めない人でも体質を改善できる?下戸でもお酒が飲めるようになりたい人へ。 

 

お酒に酔わなくなった原因

MEOSがアルコールの分解に働くようになった

アルコールの分解には、通常、アルコール脱水素酵素(ADH)とアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)という2つの酵素が働きます。

この2つの酵素は、遺伝子によってその働きの強さが決まっているので、変わることはありません。

 

お酒を常習的に飲むと、この2つの酵素ではアルコールの分解が追いつかなくなり、ここで第3の酵素が助っ人として現れます。

それは、普段は薬の代謝のために働くミクロソームエタノール酸化系(MEOS)で、このMEOSは鍛えることで働きが強くなるとのこと。

 

なので、MEOSの働きが強くなると、今までよりもお酒の分解がスムーズに行われることになり、お酒に酔わなくなるということが言えます。

ただし、このMEOSは、お酒を常習的に飲むと増えるので、アルコール依存症になる危険性がありますし、活性酸素も増えるため、細胞を傷つけたり老化を早めたりすることも。

 

やはり、お酒に弱い体質の人が、お酒に強くなってお酒に酔わなくなる方法は、ないのでしょうか?

いいえ、安心してください。

 

お酒の飲み方を意識して変えることで、お酒を前よりもたくさん飲んでも平気になり、お酒に酔いにくくすることはできます。

参考:お酒に強くなる方法!お酒が強くなった人が実践した7つのこと!

 

お酒の飲み方を変えた

お酒に強いか弱いかは、確かに体質によるところが大きいのですが、飲み方を工夫したり飲むお酒の選び方を考えることで、お酒に酔いにくくなることがあるでしょう。

 

  • 空腹の状態ではお酒を飲まないこと
  • お酒に酔っ払ってきたら水を飲んで水分補給をすること
  • 良質のタンパク質を含むおつまみを選ぶこと
  • アルコール度数の低いお酒を上手に選ぶこと
  • お酒を味わうようにゆっくりと飲むこと
  • サプリメントを上手に利用すること

 

特に大切なことは、酔いにくいお酒を選んでゆっくりとしたペースで飲むことと、水を飲んで水分補給をしっかりとすることです。

参考:お酒に酔わない方法がある?飲んでも酔わない方法は飲む前にコレを!

 

まとめ

ビール1杯で酔い潰れてしまう人はお酒が弱いですが、ビール3杯飲めるようになれば、お酒が弱いとは言われなくなるでしょう。

アルコールの分解能力は遺伝子によるところが大きいですが、お酒の飲み方や選び方を変えることで、今よりもお酒に酔いにくくなることが期待できます。

 

  • 空腹の状態ではお酒を飲まないこと
  • お酒に酔っ払ってきたら水を飲んで水分補給をすること
  • 良質のタンパク質を含むおつまみを選ぶこと
  • アルコール度数の低いお酒を上手に選ぶこと
  • お酒を味わうようにゆっくりと飲むこと
  • サプリメントを上手に利用すること

 

お酒の飲み方を変えるだけで、もっとお酒を楽しむことができるはず。

しっかりと対策を練って実践し、お酒と上手に付き合って、楽しい飲み会ライフを送りましょう。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください