お酒体質チェックで分かるあなたの体質。お酒弱い人とお酒が強い人の特徴!

みなさん、お酒を楽しんでいますか?

友達との飲み会、会社の飲み会、合コン、結婚式、親戚の集まり、ひとりで家飲み、家族で家飲みなどお酒を楽しむ機会はたくさんありますよね。

 

でも、飲み過ぎてしまって悪酔いしたり、具合が悪くなったり、二日酔いで翌日の予定に響いたりなど、お酒で失敗していませんか?

お酒で失敗する原因は、あなたが自分のお酒の許容量を超えて飲んでしまっているから。

 

「もうお酒で失敗したくない」と思うならば、自分の体質を知り、お酒と上手に付き合っていくことを学びましょう。

 

アルコール分解の仕組み

私たちの体にアルコールが入ると、どのように分解が行われて、どのように体外に排出されるのか。

 

アルコールは胃で約20%、腸で約80%の割合で吸収され、血液に溶け込んで全身に運ばれます。

アルコールの大部分は門脈を通って肝臓に運ばれ、肝臓で分解されます。

まず、アルコールはアルコール脱水素酵素(ADH)の働きによってアセトアルデヒドに、そして、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きによって酢酸に、さらに水と二酸化炭素に分解されて、最終的には尿や汗や呼気となって体外に排出されます。

 

アルコールの分解はこのような過程をたどって行われますが、アルコールの一部は脳に達し、いわゆるほろ酔いを引き起こします。

一方、肝臓で生成されたアセトアルデヒドは、頭痛や吐き気、動悸、顔の紅潮を引き起こし、いわゆる悪酔いの状態に。

 

アルコール分解酵素のADHとALDH2の働きの強さによって、お酒の強さやアルコール依存症の危険性などが分かるのです。

 

お酒体質チェックのやり方

簡単に家庭でもできるお酒の体質チェックがあります。

アルコールパッチテストといって、絆創膏と消毒用エタノールがあれば簡単にチェックできるのでやってみましょう。

 

アルコールパッチテスト 

  1. 薬剤のついていない絆創膏に消毒用のアルコールを染み込ませて、上腕の皮膚の柔らかい部分に貼ります。
  2. 7分後、絆創膏を剥がしてみて皮膚が赤くなっていたら、アルコールを全く受け付けない体質。
  3. 絆創膏を剥がした時は赤くなっていなかったが、剥がしてから10分後に赤くなっていたら、アルコールに弱い体質。赤くなっていなければ、アルコールに強い体質。

 

もっと詳しく、遺伝子レベルでアルコールの感受性の検査をしたい方はこちらから。

『アルコール感受性遺伝子分析キット』

 

アルコールパッチテストで分かる体質

アルコールパッチテストで皮膚が赤くなるかどうかは、先ほど出てきたアルコール分解酵素のひとつ、ALDH2の働きの強さによるもの。

ALDH2の働きが強いということは、悪酔いの原因であるアセトアルデヒドを分解する速度が速くなるので、悪酔いせず、お酒をたくさん飲んでも平気な人が多いということです。

 

お酒の強さというのは、実は、遺伝子でほぼ決まっていて、両親からお酒に強い遺伝子と弱い遺伝子のどちらを受け継いだかによって決まるもの。

お酒に強い遺伝子をN型、お酒に弱い遺伝子をD型と言いますが、ご両親からN型を受け継いだ人はNN型でお酒に強く、日本人全体の約54%、ご両親からD型を受け継いだ人はDD型でお酒を受け付けない体質であり、日本人全体の約6%。

 

両親の一方からN型、もう一方からD型を受け継いだ人はND型でお酒に弱く、日本人全体の約40%となります。

  活性型(NN) 低活性型(ND) 不活性型(DD)
活性型(NN) 活性型(NN) 活性型(NN)

低活性型(ND)
低活性型(ND)
低活性型(ND) 活性型(NN)

低活性型(ND)
活性型(NN)

低活性型(ND)

不活性型(DD)
低活性型(ND)

不活性型(DD)
不活性型(DD) 低活性型(ND) 低活性型(ND)

不活性型(DD)
不活性型(DD)

 

ちなみに、DD型やND型というのは日本人を含むモンゴロイドのみにある型で、欧米人などのコーカソイド、アフリカ人などのネグロイドにはいないとされています。

確かに欧米人は豪快に飲んで、お酒に強いというイメージですよね。

 

お酒体質チェックで分かるお酒強い人弱い人の特徴

さて、お酒に対する強さ弱さの体質が分かったところで、お酒に強い人と弱い人の特徴について見ていきましょう。

NN型の人は、ALDH2の働きが強いので、アルコールが体内に入ってもアセトアルデヒドがすぐに分解されて、尿や汗や呼気となって体外に排出されます。

 

しかし、DD型の人やND型の人は、ALDH2の働きが弱く、アセトアルデヒドの分解が遅いので追いつかず、アセトアルデヒドが全身を回るようになるので、顔が赤くなったり頭痛がしたり吐き気をもよおしたり動悸がしたりして、悪酔いするというわけ。

実際にお酒に強い人の方が、排尿のためにトイレに行くことが多いのではないでしょうか?

 

このように、お酒に強いか弱いかというのは、遺伝子によって決まっている体質なのですが、お酒の許容量は同じ型でも人それぞれ違うので、自分の体質をよく知って、許容量を超えて飲みすぎないことが重要。

同じ人であっても、その日の体調や飲み方によっても許容量は変わります。

 

今日はたくさん飲んでも調子が良い、今日はすぐに酔っ払ってるなという違いを感じたことがあるのではないでしょうか?

お酒の飲み方について参考:お酒をゆっくり飲む方法!綺麗な飲み方でお酒に酔わないコツ!

 

まとめ

お酒を飲みたいけどこれ以上失敗をしたくない、もっとお酒を楽しめるようになりたいと思っているのならば、まず始めにアルコールに対する体質を知っておくことが必要。

自分の体質を知った上で、飲み方の工夫やお酒の選び方を工夫して、スマートに楽しくお酒と付き合っていけるように対策を練りましょう。

 

お酒に強い人はアルコールの分解がスムーズな人。

お酒の強さは遺伝子でほぼ決まっていますが、アルコールの分解を助ける飲み方は誰でもできます。

 

それでは、次回もお楽しみに!!!

 

「お酒が飲めなくて、人生損をしている。」

そう思ったことはありますか?

そんなあなたにおすすめの、唯一無二の方法があります。

 

私はこれで、二日酔い知らずで、気持ちよくお酒に酔える酒豪になれました。

 

お酒を飲めるようになると、コミュニケーション能力が上がります。

あなたもこれで、お酒を飲めない苦しみから解放されてください。

 

もっと飲めるようになって人生を変えたい人、二日酔いを回避したい人は、こちらをチェック⬇️

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意(安心の返金保証つき)

 

少しでも役に立ったら、ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください